注文住宅

家は注文住宅で一緒に業者と作ります。

最近は国の方針で、
家は安心出来て長く住むことを前提にして基礎面や機能面を
しっかりと作り込んでいる家が増えています。

ある程度の一定の基準をクリアした家は税金の控除などの特例もあり、
中古販売する際も専門家に一般の人ではわからない専門的な構造面などを
事前に検査してもらってから値段を決めるというケースも増えています。

従来は家の寿命は20年程度と言われていて、
古くなると取り壊して新しく建て替えるのが一般的でしたが、
耐震性の問題や地球環境への配慮から基礎や機能をしっかりと作り込んだ
家が人気です。

ただ気密性を優先した窓の小さな家はやはり物足りず、
思い切って注文住宅で家を作る人が増えています。

注文住宅ですと、
専門的な家の基礎部分や機能面も的確にアドバイスしてもらえますし、
外観や間取りなどはデザイナーにいろいろ相談しながら自分のライフスタイルや好みにあった
家を作れるというメリットがあります。

もちろん、一般の建売住宅よりは割高にはなりますが、
妥協して構造面に不安の残す物件や外観が画一的な家に妥協するよりは
自分だけの家を手に入れるほうが重要だと考える人も多いです。

やはり気に入った家で長く快適に過ごせることが一番大切です。