注文住宅

マイホームで注文住宅を選んだきっかけ

マイホームは家族が安心して生活ができる環境にしないといけないため、建売住宅よりも注文住宅にすると要望を伝えやすくて良いと思いました。建売住宅と違う点は好みに合わせて間取りを決め、個性的なデザインにすると周囲から注目されることです。注文住宅はオーダーメイドの家のため家族の要望に合わせ、住みやすい家に仕上げてもらえます。かかる費用は土地代や不動産会社との仲介手数料などがあり、住宅ローンの対象外になるため資金調達が難しくて苦労しました。

しかし、注文住宅は好みに合わせて間取りを決め、生活の拠点としてゆったりとくつろげる環境を作れたため満足しています。家を建てるタイミングは今後の人生につながるようにしたいもので、住宅ローンは定年退職までに返さないといけないため遅くならないようにしたものです。注文住宅は最新の工法で建設されているため地震や台風などにも耐えることができ、家族の要望に合わせて間取りを決めたため安心して暮らせる環境になりました。